其処彼処 -そこかしこ-

今日もぼちぼち生きてます。

【グルメ】長野&小布施エリアで食べたもの(十割そば、ソフトクリーム、日本酒)

6月最初の週末に長野へ行ってきました。その際、食べた食事&買った食料品でリピートしたいものをまとめて記します。

善光寺エリア「十割そば 大善」:十割そば&揚げそばがき

f:id:soko_kashiko:20190622185914j:plain
大盛り十割そば

今回は長野県のうち、長野市周辺が目的地だったこともあり、定番の観光スポットである善光寺へ。その善光寺の表参道にある門前そばの1つが「十割そば 大善」。

お店の名前の通り、十割そばがいただけるお店。お昼を過ぎた14時台に入店したこともあって、空腹を満たすべく注文したのは「大盛」。そばは細めで口に運びやすく、歯ごたえや喉越しも好みにバッチリでした。

また、あわせて注文した「揚げそばがき」。多少クセがあるのかと思いきや、ボール状に揚げられた蕎麦がきは全くもって食べやすく、ひょいひょいと食べ進んでしまいました。

f:id:soko_kashiko:20190622185926j:plain
揚げそばがき

お値段は「大盛り十割そば」が950円、「揚げそばがき」が300円と、手頃な価格帯なのも嬉しいところです。

当日は金曜かつ14時台だったこともあり、待ち時間なく入れましたが、週末に訪れる際は待ち時間は覚悟したほうが良さそう。ちなみにお店のWebサイトを拝見すると、駐車場スペースも用意があるようでした。

daizen-soba.com

小布施エリア「竹風堂」:栗あんソフトクリーム

f:id:soko_kashiko:20190622185938j:plain
栗あんソフトクリーム

続いては小布施エリア。小布施と言えば栗菓子のお店が多いわけですが、頻度よく購入しているお店が「竹風堂」です。

そんな竹風堂で見つけたのが「栗あんソフトクリーム」。名前の通り、純栗あんをミックスしたソフトクリームなのですが、これがまた美味しかった。栗あんと言うことで濃厚すぎないかなと思ったのですが、さっぱりと食べやすい仕上がりでした。

お値段は300円と、こちらも手頃なお値段。

chikufudo.com

小布施エリア「桝一市村酒造場」:日本酒×2

f:id:soko_kashiko:20190622185949j:plain
左からスクウェア・ワンと鴻山

ソフトクリームを食べながら小布施エリアを散策した際に、見つけたのが「桝一市村酒造場」。

車で来ていたこともあって試飲ができなかったのですが、瓶のデザインに惹かれて衝動買してしまいました。

購入したのは「鴻山」と「スクウェア・ワン」。保冷バックとのセットだったので購入価格は4,350円でした。

鴻山は、兵庫県産の山田錦を使ったアルコール分17%の大吟醸純米生酒。 スクウェア・ワンは、長野県産の美山錦を使った純米酒です。

生酒といことで鴻山からいただいていますが、辛口ながら飲みやすいテイスト。スクウェア・ワンを飲むのも楽しみです。

www.masuichi.com

というわけで、再度長野市エリアに行く際はこれら3つの店舗はリピート来店したいところ。小布施も思った以上に街歩きしがいのある地域だったので、次回は時間をきちんととって観光目的で訪問したいなと。