其処彼処 -そこかしこ-

今日もぼちぼち生きてます。

【京都グルメ】「ホルモン千葉」で千葉コースを堪能

f:id:soko_kashiko:20190826220626j:plain

今回の京都旅行で夕飯に選んだのは四条木屋町にある「ホルモン千葉」。京都駅からバスで行きましたが、鉄道の場合は阪急河原町駅、京阪・祇園四条駅が最寄り駅。

店員が焼いてくれるホルモン焼き、〆はうどんorそばで!

17時のオープンから15分ほど過ぎていたので待つのを覚悟していたものの、運良く行列もなく、1回転目に入店。ラーメン店ではないですが、当日の京都の暑さも影響していたのかもしれません(仮に住んでいたら、私は家から出ないと思います(苦笑)。

さて、”初”ホルモン千葉ということで、選んだのは千葉コース。コク塩のホルモン、黒ダレのホルモン、そして〆のうどん(orそば)を一通り堪能できるコースです。

特徴的なのは店員が焼いてくれる点と、肉汁口の鉄板の存在感。

f:id:soko_kashiko:20190826220559j:plain

コースでまず最初に出てきたのは、豚の煮込み

f:id:soko_kashiko:20190826220433j:plain

鉄板を使ったホルモン料理はまずコク塩

f:id:soko_kashiko:20190826220508j:plain

続いて黒ダレ。モヤシは都度出されるので、コク塩のモヤシはコク塩を食べる際に食べきっています。

f:id:soko_kashiko:20190826220612j:plain

そして、〆の麺類。麺はうどん、そばから選べますが、今回はうどんを選択しました。

f:id:soko_kashiko:20190826220524j:plain

また、コースの間には単品注文でセンマイもオーダー。

f:id:soko_kashiko:20190826220446j:plain

ひとしきり堪能したのち、最後は口直しにミックスジュースをいただきました。

f:id:soko_kashiko:20190826220541j:plain

会計後はオマケとして、千葉のシールが貼られたミンティアも。

f:id:soko_kashiko:20190826220420j:plain

コース単体の料金は忘れてしまいましたが、2人で行ってコース、センマイ、ビール1杯、烏龍茶2杯で約7,500円と、個人的には料理も値段も満足のいくものでした。

あとから調べたら東京・渋谷にも店舗があったので、近々こちらにも行ってみようかなと。

ちなみにホルモン店ということで当然のことながらニオイが服についてしまうので、その点は留意したいところ。なお、手荷物に関しては足元のカゴに入れる形ですが、袋も用意してくれているので袋に入れた上でカゴに収納が吉です。

ホルモン千葉 | 千葉グループ