其処彼処 -そこかしこ-

今日もぼちぼち生きてます。

定期券付き「一体型PASMO」を移し替える【To Me CARD PASMO ゴールドの場合】

f:id:soko_kashiko:20191124131252p:plain普段利用しているクレジットカード一体型PASMO「To Me CARD PASMO ゴールド」。ICチップ付きのカードが届いたので、PASMOの移し替え手続きを行いました。

定期券搭載の場合は定期券発行事業者の窓口へ

「To Me CARD PASMO ゴールド」は、JCB、VISA、MasterCardブランドから選択できるPASMO一体型のクレジットカード。年会費は1万円(税抜)ですが、「To Me CARD」の中で乗車ポイントのバック額が大きいのが魅力です。

発行会社はJCBはJCB、VISAとMasterCardはニコスまたはUCカードブランドのクレディセゾンから選択が可能。UC&セゾンカード連携でJALマイルが貯めやすいという点と、100万円の利用ごとに5,000円相当のメトロポイントがボーナス付与される点から、UCカードブランドを選択しています。

新しいカードへの移し替えは、定期券を搭載しているかどうかで変わります。定期券を搭載している場合、定期券を購入した鉄道事業者で窓口で移し替えが必要。定期券を搭載していない場合は、東京メトロや京王電鉄など一体型PASMOを取り扱う事業者で手続きが可能です。

さて、私の場合、定期券は京王電鉄と東京メトロを利用。発行事業者は、京王電鉄の「どっちーも」を利用するため、京王電鉄となるため、移し替え手続きは京王の窓口一択となりました。

手続きには使用中のカードと新しいカードの両方を持ち込むだけでOK。本人確認や書類記入などはなく、1分程度で移し替えが完了しました。

新しいカードとともに届いた案内状もあったほうがよいようですが、特に提示を求められることはありませんでした。

http://www.to-me-card.jp/lineup/tome_gold_pasmo/index.html

「メトロポイントPlus」と「メトポ」の移行は自動反映

一方、「To Me CARD」利用ユーザーで気になるのは、 「メトロポイントPlus」「メトポ」の存在。どちらもPASMOの番号と紐付いているため、こちらも更新が必要になります。

結論としては移し替え作業が完了した後、数営業日ののうちに、自動で新しいPASMO番号へと移行されました。

このあたり一体型PASMOの移し替え書面等には記載がなかったので、自動券売機でメトポの手続きをしましたが、すでに番号が変わっていたので気づいた次第です(苦笑)。

というわけで、一体型PASMOの移し替えは定期の場合は、定期券を発行した鉄道事業者へ。メトロポイントPlus、メトポは自動移行というのが結論となります。